戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆下瀬(しもせ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「日原」(昭和33.5)を使用したものである

所在:津和野町溪村(たにむら)
地形図:日原/日原
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる

標高:約100m
訪問:2015年8月

 

 大字溪村の北部やや東寄りにある。標高約317mの下瀬山の南およそ600m。
 町史によると、昭和37年の時点で1戸。もと3戸。
大字河村(かわむら)の集落として扱っているが、少なくとも現在の境界では溪村の領域に含まれている(ただし農地の一部は河村に及ぶか)。
 現地では2箇所?の屋敷跡がまとまって見られたほか、段々になった農地跡や下瀬家の墓地を確認。最も新しいものでは昭和37年のものがあり、無住となったのもこの頃と思われる。
 なお下瀬山には下瀬山城址があり、町指定文化財(写真4)
集落の下瀬家は、城主下瀬氏の子孫か。

 


写真1 屋敷跡

写真2 瓦

写真3 墓地


(写真4 城址にて)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ