戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆平野(ひらの)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「津和野」(昭和33.5)を使用したものである

所在:津和野町左鐙(さぶみ)
地形図:津和野/津和野
アクセント:ヒラノ
形態:山中の一軒家?

標高:約270m(左鐙の中心部は約120m)
訪問:2015年8月

 

 大字左鐙の中心部から、北側の山中に上がった場所に孤立
 町史によると、昭和37年の時点で1戸。地元で伺った話では、平野(ひらの)家が1軒のみであったとのこと。1人が平成初期頃まで暮らし、モノレールで往来していたという。
 現在では旧左鐙小学校付近から延びる林道(下岳線)が延長し、肱川を通過。終点からもさらに車輛が通行できる作業道が開通し、その途中に当地への山道が通じている。家屋は離村時期が最近であることもあり、状態は比較的良好。しかし農地跡は荒蕪地あるいは植林地になっている。家屋から南側には、かつての住民が利用していたと思われるモノレールの終点が見られた。
 なお手持ちの古い地形図(1/50,000地形図「日原」〔昭和33.5〕)にはここからさらに北側、標高約320mの辺りにも建物が記されているが(下の「画像」)、ここも平野に含まれるかは不明。最近の地形図(1/25,000)にも水田が記されているが、現在は植林地(写真6・7)。
 また町史では、当地など左鐙の孤立家屋群(※)を、外部から様子を窺えない反面内部からは周囲が見渡せることや、城郭のような防備的な地形などといった観点から、平家残党の土着の可能性を示唆している

※ 言及があるものは青松・平野のみだが、「(青松・平野)及びその附近の状況をみても…」とあり今立肱川も含んだ表現になっている

 


写真1 家屋

写真2 ポンプ

写真3 何かを祀った跡?


写真4 農地跡


写真5 農地跡


画像 平野(下)と別の建物(上)

※ この画像は、地理調査所発行の1/50,000地形図「津和野」(昭和33.5)および同地形図「日原」(昭和33.5)を使用したものである


写真6 農地跡

写真7 建物跡?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ