戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆青松(あおまつ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「津和野」(昭和33.5)を使用したものである

所在:津和野町左鐙(さぶみ)
地形図:津和野/津和野 安蔵寺山/津和野
アクセント:アマツ
形態:山中の一軒家

標高:約310m(左鐙の中心部は約120m)
訪問:2015年8月

 

 大字左鐙の中心部から、北側の山中に上がった場所に孤立
 町史によると、昭和37年の時点で1戸。地元で伺った話では、青松(あおまつ)家が1軒のみであったとのこと。
 入口が分かりづらいが、現在でも宅地・墓地まで徒歩道が通じている。往時はその先の肱川平野方面へと緩やかな道が通じていたようだが、屋敷跡付近で道は消滅。現地では倒潰した家屋とその背後で青松家の墓地を確認。最も新しいものでは昭和39年。
墓地には齢を経た巨木が立つ。
 なお町史では、当地など左鐙の孤立家屋群(※)を、外部から様子を窺えない反面内部からは周囲が見渡せることや、城郭のような防備的な地形などといった観点から、
平家残党の土着の可能性を示唆している。

※ 言及があるものは青松・平野のみだが、「(青松・平野)及びその附近の状況をみても…」とあり今立肱川も含んだ表現になっている

 


写真1 電柱

写真2 農地跡

写真3 道と石垣


写真4 屋敷跡


写真5 同。母屋


写真6 墓


写真7 古い墓


写真8 屋敷裏手の巨木。マキか

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ