戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆稗田(ひえだ/ヘーダ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「日原」(昭和33.5)を使用したものである

在:津和野町滝谷(たきだに)
地形図:石谷/日原
アクセント:ヒエダ/ヘーダ
形態:谷沿いの一軒家

標高:約330m
訪問:2015年8月

 

 大字滝谷の西部。滝谷の中心部(本滝)から西におよそ600m強、小さな鞍部を越えて降りた所にある。
 町史によると、昭和37年の時点で1戸。また付近の笹ヶ峠(ささがとうげ)で伺った話でも、分かるもので1軒。転出先は広島県か。
 現地には谷沿いに車輛が通れる作業道が通じており、訪問は容易。道の分岐付近で屋敷跡を1箇所確認。谷沿いであるが、水田は小規模であったよう。本滝とを隔てる鞍部まで訪れたが、電線が通じているのみで特にこれといったものは見られなかった(写真4)。

 


写真1 屋敷跡

写真2 屋敷跡にて。瓦(手前)と筒状の設備

写真3 水田跡


写真4 鞍部。越えた先は滝谷に至るが、作業道は右上方へ延びる

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ