戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆岳(だけ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「龍神」(昭和28.7)を使用したものである

所在:田辺市中辺路町小松原(こまつばら)
地形図:恩行司/龍神
アクセント:
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約350m(国道371号は約300m)
訪問:2008年12月

 

 町の中北部、小松原集落の北にある。古い地図では3軒の建物が見られる。
 最近の地図では道が描かれていないが、実際は四輪車が入れるくらいの作業道が延び集落内を通っている。1箇所の屋敷跡(写真)のほか、この周辺にいくらかの農地跡、少し離れた場所にも広い農地の跡が見られた。
 地元の方(小松原集落在住・大正生まれ)の話では、覚えている範囲で1軒(滝尾(たきお) 姓)の老夫婦が暮らしていた。終戦後に転出。竹樋で谷水を引いて生活用水に使っていた。電気はなかった。かつては4軒くらいあったのではないかとのこと。

 


写真 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ