戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆高野(たかの)

※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「那智」(昭和28.7)を使用したものである

在:那智勝浦町高野
地形図:滝の拝/那智勝浦
アクセント:カノ
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約120m
訪問:2012年5月

 

 大字高野の中部にある高野川の右岸・左岸に家屋が分布。
 小匠で伺った話では、覚えているもので4、5軒。戦後にはまだ暮らしていたという。
 小匠から林道を通って訪問しようとしたが、落石により通行できず、後日改めて古座川町の小森川(こもりがわ)方面から訪問。
 集落では、石垣により段々になった農地跡の中に屋敷跡が散在。「繁助地蔵」の案内に従い左岸へ渡ると、石仏(写真6)ときれいに手入れされた祠(写真7)が見られた。石仏の基部には山崎繁助(※)の功績が書かれている。左岸の屋敷跡は未確認。

※ 高野の人物。安政元年の大地震により付近の道が通行ができなくなった際、復旧に貢献した。なお崎は異体字。いわゆる「立つのさき」

 


写真1 車道と石垣


写真2 看板「ここは高野です」


写真3 道


写真4 屋敷跡


写真5 屋敷跡


写真6 石仏


写真7 祠。灯籠には「世話人 山崎繁助」とある

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ