戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆平(たいら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新宮」(昭和28.4)を使用したものである

所在:新宮市熊野川町鎌塚(かまづか)
地形図:紀伊大野/新宮
形態:山中に家屋が集まる
標高:約170m
訪問:2016年8月

 

 大字鎌塚の中部、赤木(あかぎ) 川右岸側の斜面にある。
 町史によると、もと10戸。昭和40年代から戸数が漸減し、平成11年頃には1戸1人(西谷氏。当時で90歳超)。刊行時(平成20年)には既に無住となって久しいことが窺える。
 集落へは、県道より44号より清閑瀞の案内に従い訪問することができる。現地には西谷氏が最後まで居住していたと思われる家屋が1軒と、その他複数の屋敷跡が見られる。また集落内にはトチの巨木があるが、既に枯死し幹から折れている。説明の看板によると、樹齢およそ1,300年。根元から湧出する清水(※)は婦人病に効くと伝わるとのこと。

※ 現在は涸れている

 


(写真1 清閑瀞降り口)


写真2 石仏


写真3 農地跡


写真4 石仏。「音四郎地藏」とある


写真5 屋敷跡


写真6 写真5付近の石仏


写真7 トチの巨木


写真8 案内看板。「平集落跡分岐」とある


写真9 屋敷跡


写真10 家屋


写真11 屋敷跡


写真12 屋敷跡


写真13 墓地跡


写真14 農地跡 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ