戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大那口(おおなぐち)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新宮」(28.4)を使用したものである

所在:新宮市熊野川町赤木(あかぎ)
地形図:本宮/新宮
アクセント:オーナグチ
形態:緩い谷に家屋が集まる
標高:約150m
訪問:2013年2月

 

 大字西(にし)の中心部(小口(こぐち)付近)より県道を2km強、和田(わだ)川左岸にある。
 町史によると、もと上長井(かみながい)村(現在の熊野川町上長井)の所属。明治21年の町村制施行の際に上長井村から分離し、三津ノ村(※1)の一部(※2)となった(なお上長井は小口村(※3)
 集落は県道から対岸にあるが、新しく丈夫な吊橋(写真1)が架かっているため訪問は容易。現地では緩い谷に沿った水田跡が広く見られ、屋敷跡と思われる遺構や墓地、何かの碑が見られた。なお集落背後は小さな山になっており、この頂上にも何かの跡がある(写真7)。

 地元の方の話では、50年前には既に居住者はなかったとのこと。

※1 現在の大字日足(ひたり)・椋井(むくのい)・赤木・能城山本(のきやまもと)・田長(たなご)および上長井の大那口
※2 大字としては、赤木に編入されたと思われる
※3 現在の大字西・東(ひがし)・大山(おおやま)・鎌塚(かまづか)・瀧本(たきもと)・畝畑(うねはた)北ノ川および大那口を除いた上長井

 


写真1 吊橋


写真2 農地跡


写真3 屋敷跡


写真4 墓地跡


写真5 墓地跡


写真6 碑


写真7 何かが祀られていた跡?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ