戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆柦(だん)
※ お使いの環境によって、文字が正しく表示されないことがあります(【木へんに旦】)


※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「江住」(昭和24.5)を使用したものである

在:古座川町大桑(おおぐわ)
地形図:下露/江住
アクセント:
形態:山中の一軒家
標高:約320m
訪問:2012年6月

 

 大字大桑の東部、尾添谷(おぞえだに)集落西の山中にある。
 集落への道は大屋より分岐し、尾根伝いに進むと集落に到達。全体が砦を彷彿とさせる鹿垣に囲まれ、入口にのみ垣の切れ目があるよう(写真1)。
 集落に入ってすぐ右手に古い建物があるが、無住となった後に寝泊まりするために設けられた小屋だろうか(写真2)。その他屋敷跡1箇所と古い墓地を確認。石垣が設けられた農地は非常に広い。墓地には宮本・北・伊東といった姓が見られたがすべて女性名で、嫁いで来た人の旧姓の可能性がある。
 宇筒井(うづつい)の方の話では、かつては伊東(いとう)家の1軒。伊豆の落武者の分かれではないかとのこと。また古くは物見のための要塞として開かれ、その要員が住んでいたのではないかという。

 


写真1 集落入口


写真2 家屋?


写真3 集落の石垣


写真4 屋敷跡の登り口


写真5 屋敷跡の遺構


写真6 道と農地跡


写真7 水路


写真8 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ