戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆道ノ川(みちのかわ・みちのがわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「龍神」(昭和28.7)を使用したものである

所在:田辺市本宮町三越(みこし)字道ノ川?
地形図:発心門/龍神 
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:移転事業
標高:約350m
訪問:2011年4月

 

 大字三越の南西部、音無(おとなし)川の上流部にある。熊野古道・中辺路(なかへち)の道沿いで、三越峠より音無川に下っていくとこの集落を通る。
 現地では数軒の廃屋と数箇所の屋敷跡、広い農地の跡を確認。墓地や石仏もいくらか見られた。
 町史によると、昭和48年に
平治川(10戸)とともに8戸がの温水(ぬくみ)団地(大字本宮)に移転。

 


写真1 廃屋


写真2 廃屋

写真3 屋敷跡

写真4 屋敷跡

写真5 農地跡

写真6 墓地

写真7 石仏

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ