戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上番(かみばん)

所在:十津川村小坪瀬(こつもせ)
地形図:重里/龍神 
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約600m(小坪瀬集落は約370m)
訪問:2007年10月

 

 西(にし)川の左岸、小坪瀬集落の北西の山中にある。古い地図では1軒の建物が見られる。「上番」は本来小坪瀬の西部一帯を指すが、国土地理院の地図では1集落を指す地名となっている。苗字から判断し、おそらく『十津川採訪録』に記されている「瀬戸峯」と思われる。
 最近の地形図では建物まで実線の道で描かれているが、実際は小坪瀬集落より先は山道になっている。山道へ入るには民家の敷地に入らなければならないが、このお宅で少し話を伺うことができた。「上番」という名称が、この1箇所のみでなく複数の集落を含む地区を指す呼称であることもここで知った。1人が最近まで住んでいたという(上坊(うえぼう) 姓)。実際に道を歩くと、比較的新しい電柱が道沿いに並んでいる。一部は電線が切断しており、現在は使われていないことが窺える。
 集落に着くと、古いながらも手入れがされた家屋が1軒(写真1)、奥には墓地があり、やはり上坊姓。最後の住民のものではないが、平成と刻まれたものもある。少し登った所にも廃屋があり(写真2)、なぜかこちらにも新しい電線がつながっている

 
『十津川の民俗』によると、「瀬戸峯」の家は以下の通り(括弧内は屋号)。

原田(ノジ)・上坊(ウラ)

 また『十津川郷採訪録』によると、「瀬戸峯」の家は以下の通り(括弧内は屋号)。

上坊(浦)・原田(野地)

 


写真1 人家


写真2 廃屋


写真3 廃屋にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ