戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆釜谷(かまだに)

所在:十津川村今西(いまにし)
地形図:伯母子岳/伯母子岳

アクセント:カマダニ
形態:谷沿いの斜面の一軒家
離村の背景:災害
標高:約400m
訪問:2009年9月

 

 今西川の上流部、釜中川との合流部の尾根にある。古い地図に記載はない。
 『十津川の地理』によると、離村時期は昭和28年(同年の水害による)、当時の戸数は1戸とある。
 釜中
の方の話では、もともと今西や釜中所有の田があった場所に、釜中の今中(いまなか:屋号)からの分家が居を構えたもので、古くからのものではない。屋号も釜谷といった。ジェーン台風により潰滅、一時今西に移ったが、その後は大阪へ転出していった。なおジェーン台風は昭和25年であるため、資料の内容とは齟齬がある。
 
詳細な場所も教えていただいたが、棚田の跡(写真)は確認できたものの屋敷跡は特定することができなかった。
 
なお下流、橋の付近にも今西所有の田畑があった場所があるが(甲食(喰?)(こうじき)と呼ばれる)、こちらには人家はなかったという。
 

 


写真 田の跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ