戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆辰巳屋新田(たつみやしんでん)

所在:天川村塩野(しおの)
地形図:南日浦/山上ヶ岳
形態:?
標高:?

訪問:―

 

 熊野(くまの)(※)の支流、塩(しお)谷の上流部にある。なお道路地図や地図サイトでは塩野に含まれており、大字としては廃止か。
 「角川」によると、大字辰巳屋新田は近世の吉野郡辰巳屋新田。明治22年天川村の大字となる。明治期に無住地となった。地名は鎌倉期(あるいは江戸末期ともいう)辰巳屋藤十郎という者が新田を拓いたことにちなむ。谷筋の旧田地から約100m以内の地区は、大字辰巳屋新田となっている。
 また村史には、「…塩野の北方山中に辰已屋新田(表記ママ)の集落があったが今はなく、314町歩の田もほとんど山林となっていて、わずかに残された56反の田を塩野から耕作に行っている。庵を建て番人が宿泊し、夜シシ追いの仕事などもしている由である」とある。
新田には屋敷跡と伝える約6畝の屋敷田、7軒ばかりの屋敷跡、宮屋敷跡・寺屋敷跡が残る。無住となった後も盛時には源流地域から応仁谷まで水田が連なり、約15軒によって耕作され、寝泊まりする小屋が10ほどあったという。現在はホトケオの一画を除きすべて植林。

※ 村内での呼称は天(てん)ノ川

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ