戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆神保(じんぼ)

所在:たつの市新宮町奥小屋(おくごや)字神保
地形図:土万/佐用

形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約250m
訪問:2010年10月

 

 大字奥小屋の北部にある。栗栖(くりす)川の最上流部。
 山崎町【現・宍粟市】側から集落の近くまで車道が通っているが、新宮町側より徒歩で訪問。2009年の台風の影響のためか倒木が多く、道は荒れている。
 集落では2軒の屋敷跡と神社のようなもの(写真2)が残る敷地を確認。また川に沿って市の境界まで農地の跡が続いている。
 『西栗栖村史』の記述より、昭和初期には5軒があったことが分かる。当時大字奥小屋は小菅村(のちの山崎町、現・宍粟市)に所属しており神保の子供も小菅村の学校に通っていたが、昭和14年4月に西栗栖村(のちの新宮町)に編入。奥麦子・奥小屋では通学も西栗栖村で、西栗栖村への編入の希望があったが、
この神保の5軒が反対していたという。
 また町史によると、昭和47年に最後まで残っていた家族3人が離村し無人になった。電灯が引かれたのは昭和30年で、町内では最後の無灯火地区。
 
なお栗栖池にある説明板には3軒とあるが、年代は不明。

 


写真1 蔵


写真2 神社跡?
※ 以下携帯電話による撮影

写真3 集落内の川

写真4 祠

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ