戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆新山寺(しんさんじ)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「上郡」(昭和40.7)を使用したものである

所在:上郡町奥甲(おくこう)
地形図:二木/上郡
アクセント:ンサンジ
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約350m
訪問:2010年11月

 

 大字奥甲の北部にある。
 古い地図では奥甲より破線の道がつながっているが、現在は小野豆(おのず)より林道が延び、集落まで自動車で訪れることができる。
 現地は尾根に近い緩やかな斜面。植林はされておらず、明るく開けた印象がある。何かの平地や農地の跡?が確認できたものの、屋敷跡などは全く分からなかった。溜め池(写真1)の付近には小さな窪地があり、ここには細工された石が置かれている(写真2)。相生市の三濃山にも似たような物が見られたが(三濃山のページ写真5参照)、この場所もかつての水源だったのだろうか。また溜め池の脇から下へ降りる山道があり、これは本来の古い道と思われる。
 最近の地図では集落西の三角点(435.6m)付近に墓地の記号があるが、神社(写真3)があるものの墓地は見られなかった。「大正十三年大旱魃雨乞祈一念碑 神明寺(※)氏子中」とあり、集落とは関連がないよう。
 なお
町史には江戸時代の村絵図が記載されており、これには家屋が2軒と「観音」、田が描かれている。古くから集落の規模は大きくないよう。
 「角川」には「左近谷の頂上には真言宗新山寺があったが、現在は廃寺」とある。

※ 神明寺(じみょうじ)は、奥甲の2つ隣の大字

 


写真1 溜め池

写真2 水場跡?にて


写真3 平坦地


写真4 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ