戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆三濃山(みのうさん)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「上郡」(昭和40.7)を使用したものである

所在:相生市矢野町(やのちょう)三濃山
地形図:二木/上郡
形態:山中に家屋が多数集まる
標高:450m前後(登り口は約280m)
訪問:2010年11月

 

 市の北部にある。集落は大字内の中部で、三濃山(同名の山)の南斜面上。
 居住地は小字の東谷(ひがしだに)と西谷(にしだに)。山の南に延びる稜線を境に東側が東谷、西側が西谷。家屋群の周囲には水田や山林が広がっている。稜線上には神社や寺院などの主要な施設(写真1〜)が集まっている。
 市史には往時の三濃山について詳細な記述がある。以下はその記述をいくらか抜萃したもの。

明治時代には14戸70人
昭和2年、石田3・藤田3・高見2・山本2・清水・中田・保本の13戸
集落への道は、瓜生(うりゅう)から西谷に至るもの(鍛冶屋道・鍛冶屋谷道)・能下(のうげ)より東谷に至るもの(田ノ後道)・上郡町金出地(かねじ)より西谷に至るものの3つ。瓜生に降りるものが本道
生活面では、上郡の金出地との関係が深かった
古くは鉱山があり、「三濃千軒」ともいわれるほど人が集まった(この場合の「千軒」は誇張表現)
米作りと冬の炭焼きが主な仕事。灘五郷(神戸市東灘区など、大阪湾沿岸の日本酒生産地域の呼称)に酒米を搗く出稼ぎに行く若い者もあった(大正〜昭和初期)。昭和30年代になると木炭が売れずタバコを作ったが、5年ほどで廃止。若い人は造船所に勤めたりしたが、通勤には苦労を要した
寺院は求福教(ぐふくきょう)寺(通称「観音さん」)。神社は大避(おおさけ)神社・山王権現社など
電気がついたのは昭和22年、電話は農協の有線電話が昭和34年(普通電話は離村後の昭和54年)

 なお大字三濃山は近世の赤穂郡三濃山村。明治14年17戸64人。同24年16戸、男34・女42、同40年頃14戸70人。昭和10年10戸38人。明治22年矢野村(のち相生市の一部)の大字となる。第二次大戦後、若者の離村が続き過疎化が進行。同40年1戸2人、同55年に居住者が無くなる(角川)。

 


写真1 旧求福教寺

写真2 山王権現(左)と水子地蔵(右)

写真3 石塔

写真4 墓地


≪東谷≫

 倒潰家屋や屋敷跡を数箇所確認。水場のような場所には、梵字のようなものが刻まれた丸い石が置かれている(写真5)。脇の小さな小屋には電線が引かれ外灯もあるが、何の場所であるかは分からない。
 能下方面からの道はある程度整備されているものの、やや荒れており迷いやすい場所もある。
 以下は市史より昭和15年以降の離村状況。長井夫妻は離村後も通い農業で寺の本堂や村を守ってきたが、昭和52年12月を境に行かなくなった。

離村時期 転出先 備考
石田(本家) 昭和15(1度目)
昭和37(2度目)
大阪市
姫路市
昭和20年帰郷
長井(石田分家) 昭和48.12 姫路市 石田本家の娘夫婦
中田 昭和15 市内矢野町瓜生  
清水 昭和17 龍野市揖西町竹原(いっさいちょうたけはら)  

 


写真5 屋敷跡


写真6 水場にて


写真7 水田跡


≪西谷≫

 屋敷跡を数箇所確認。瓜生方面への道を少し歩いてみたが、道はよく整備されているよう。建造物の修繕などの際は、こちらの道を利用して物資を運んでいるのだろうか。
 以下は市史より昭和15年以降の離村状況。

離村時期 転出先 備考
山本(本家) 昭和28 市内垣内町(かきうちちょう)  
山本(分家) 昭和39 和歌山市  
高見(本家) 昭和40 姫路市  
高見(分家) 昭和41 市内旭(あさひ)  
藤田(本家) 昭和38 市内矢野町瓜生  
藤田(分家) 昭和39 市内緑ヶ丘(みどりがおか)  


写真8 屋敷跡

写真9 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ