戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆高原(たかはら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「宮津」(昭和23.3)を使用したものである

在:京丹後市弥栄町等楽寺(とうらくじ)
地形図:日置/宮津
形態:山中に家屋が集まる
標高:約400m
訪問:2010年8月

 

 大字等楽寺の北東部にある。
 まず最初に味土野方面から延びる林道から訪れようとしたが、農地のような跡が南側に確認できたものの降り口がが分からなかった。
 改めて等楽寺より林道を登って再訪。車道の終点付近からは徒歩となるが、ほどなくして集落跡に到着。入口付近に管理された小屋が1軒あったほか、建物は見られない。屋敷跡数箇所と、奥に神社の跡(写真3)を確認。防火水槽(写真4)や消火栓のようなものも見られる。
 「角川」には「寛平開基と伝える生蓮寺があったが、現在は廃寺」とある。

 論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期15戸、昭和38年9戸、昭和42年に無人化。等楽寺の端郷。

 


写真1 屋敷跡
※ 写真はすべて携帯電話による撮影

写真2 屋敷跡にて

写真3 神社跡
 
写真4 防火水槽

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ