戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆三舟(みふね)

在:京丹後市弥栄町須川(すがわ)字三舟?
地形図:日置/宮津 丹後平/網野
アクセント:ミフネ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約420m
訪問:2010年8月

 

 町の西部にある。須川の大谷(おおたに)集落の西を流れる谷の上流部。古い地図に記載はないが、それらしき場所には数軒の建物が見られる。
 須川と霰(あられ)で話を伺い登り口まで案内していただいたが、伺ったとおり台風による崩落で道は消滅。道のりの半分も歩くことができなかった。話では昭和33年ころ最後の1軒が転出。水田があったそう。道は長く険しいが、集落からの眺めはよかったという。

 論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期3戸?、昭和34年に無人化。霰の端郷。標高は320mとあるが、地形から考え古い地図に記載された場所(標高420m)に集落が立地していると考えるのが自然。誤植か等高線の読み誤りと思われる。

 

 

◆◆写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ