戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大成(おおなる)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「綾部」(昭和26.5)を使用したものである

所在:京丹波町広野(ひろの)字中大成ほか?
地形図:綾部/綾部
形態:山中に家屋が集まる
標高:約280〜330m
訪問:2009年9月

 

 由良(ゆら)川左岸の山中にある。古い地図には10軒くらいの建物が見られる。
 
地元の方の話では、かつては7軒。草葺きの家屋があった。昭和40年代に集落整備事業により離村し、立木駅付近の町営住宅に移住。のち住宅が払い下げとなり、銘々に家を建てるなどした。樋口(ひぐち)姓が多いが、片山(かたやま)姓もあった。炭焼きや薪作り・田畑の耕作で暮らしていた。神社もあったが、広野の神社に合祀されたという。
 
現地には低い場所から農地の跡が続くが、家屋群は車道の終点付近。観音堂(写真3)が残るほか、石碑や灯籠(写真4)、個人で建てたと思われる祠なども見られる(写真5)。屋敷跡のいくつかは、プラスチック管に「○○○○宅」と刻んで立ててあるのでそれと分かる。

 


写真1 屋敷跡の石垣

写真2 屋敷跡にて

写真3 観音堂

写真4 灯籠と石碑

写真5 祠と石碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ