戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆牧(まき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「宮津」(昭和23.3)を使用したものである

在:宮津市日ヶ谷(ひがたに)字牧?
地形図:日置/宮津 丹後平/網野
形態:谷沿いの緩い斜面に家屋が集まる
標高:約180m
訪問:2010年8月

 

 大字日ヶ谷の南部で、奥波見(おくはみ)との境界付近にある
 集落跡は現在も水田が広く見られ、管理された作業小屋も点在。犀(さい)川の支流のひとつに沿うように位置し、谷はなだらか。古い地図では180m付近に家屋が集まっているようだが、屋敷跡はよく分からなかった。

 論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期10戸、昭和30年6戸、昭和31年に無人化。立(※)の端郷。ただし市史では昭和32年7月に人家がなくなったとある。

※ 日ヶ谷の集落のひとつ

 


写真 田と作業小屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ