戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆段(だん)

所在:綾部市於与岐町(およぎちょう)字段
地形図:梅迫/舞鶴
形態:山の斜面に家屋が集まる
標高:約150〜200m
訪問:2009年9月

 

 市の中北部、伊佐津(いさづ)川上流の左岸山中にある。古い地図に地名の記載はないが、地元の方に教えていただいた。
 
話では、かつては56軒。早い家では終戦直後、最後の1軒が昭和の終わりくらいに転出。すべて於与岐町内か。潰した家屋の建材を使い、転出先に家屋を再建した世帯もある。吉崎(よしざき)姓。生業は林業や炭焼きで、田畑の耕作もあった。
 
現地では、最後の1軒の家屋がしっかり残っているほか(写真1)、2軒ほどの屋敷跡を確認。うち1軒では、最近まで草葺きの廃屋が残っていたが解体してしまったという。ここには積み重ねられた廃材と大量の草が残る(写真2)。

 


写真1 家屋

写真2 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ