戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆飯塚(いいづか?)



※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「桑名町」(明治33.12)を使用したものである

所在:桑名市上之輪新田(かみのわしんでん)
地形図:桑名/桑名
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:河川の改修
標高:数m
訪問:2015年11月

 

 大字上之輪新田の北部にある。東は県道106号と関西本線・近鉄名古屋線の線路が交叉する辺りから、西は揖斐(いび)川右岸の工場付近に亘る地域。現在はほとんどが揖斐川に水没しているが、東端と西端が僅かに陸地にかかる。
 
市史によると、上之輪新田の枝郷(本文での表記は「支郷」)。もと蘆原であったものを、市岡与左衛門が新田として開発した。開発時期は明暦以降であろうとしている。明治期に長良(ながら)川・揖斐川の分流改修工事が行われたことにより、飯塚の住民は上之輪に移転。
 なお上之輪新田は承応年間(1652-54)に開発が着手されたもの。新田中心部は関西本線・近鉄名古屋線の線路以東、大山田川沿いの地域(上之輪神社がある)で、現在も住宅地。また改修後の地形図では西端の川岸近くに新しく飯塚地区が設けられているが、大字東汰上(ひがしゆりあげ)の区域となっている(現在の沢北排水機場付近)。

 


写真1 左岸より集落跡方面を望む

写真2 県道沿いの石仏

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ