戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆浜(はま?)



※明色部
※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「桑名町」(明治33.12)を使用したものである

所在:桑名市地蔵(じぞう)
地形図:桑名/桑名
形態:川沿い
離村の背景:河川の改修
標高:数m
訪問:2015年11月

 

 大字地蔵の東部にある。現在は揖斐(いび)川に水没。右岸川岸から東におよそ200m、北端はおよそ城東小学校辺りと同じ緯度、南端はおよそ龍福寺辺りと同じ緯度になる。明治期の河川改修前は揖斐川の右岸沿いに位置していた。
 かつての「赤須賀新田」に所属する地区で、赤須賀新田は現在の地蔵地区にあたる。
 
市史の赤須賀新田の解説中に「浜地蔵堂が堤上にあり。その傍に灯台があり眺望は近辺第一の名称地として知られたが後年治水工事によって旧位置は遙るか川中に没して…」との文があり、当地区を指しているものと思われる。
 訪問は日没後であまり様子は分からなかったが、全域が水没しているため痕跡は皆無と思われる。

 


写真 集落跡方面を望む。右は揖斐長良大橋

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ