戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆椹尾(さわらお)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「田口」(昭和34.4)を使用したものである

所在:設楽町松戸(まつど)(図中の「沢尾」)・設楽町田峯(だみね)(図中の「椹尾」) 
地形図:田口/田口
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約520m(「沢尾」)
訪問:2011年5月

 

 大字松戸の北西部にある(「沢尾」)
 町誌などから「椹尾」という集落が存在することは確かなのだが、地図上の「椹尾」は集落が立地するような雰囲気ではなく、数世帯が生活できるような場所は「沢尾」に当たる。両者の関連は不明だが、ここでは「沢尾」を椹尾集落と仮定して解説する。
 当集落を通る林道は、かつて林業で栄えていた頃に敷設されていた森林軌道・椹尾線の路線跡。町誌によると、
椹尾線は昭和9年に開通。森林開発が本格化し、「秋田木材製材所」や営林署の事務所が設立され関係者たちが居住。最盛期には雑貨店が1軒あったという。また同書の「地区別の世帯数と人口の推移」には明治初期0戸、昭和36年9戸26人とあり、後年になって興された林業集落であることが分かる。
 現地は川沿いの平坦地で、特に林道から山側で廃屋やいくらかの屋敷跡が確認できる。谷側も広く平坦であるが屋敷跡が1箇所?のほか、碑の基礎ような何かの跡(写真3)が見られた程度。

 


写真1 林道と廃屋

写真2 屋敷跡の石垣

写真3 何かの跡

写真4 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ