戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中切(なかぎり?)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「明智」(昭和35.11)を使用したものである

所在:豊田市牛地町(うしじちょう)
地形図:川ヶ渡/明智
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約280m(水面は約290m)
訪問:2013年11月・2014年4月

 

 町の北部、矢作(やはぎ)川左岸にある牛地本郷の上流側に隣り、岐阜県串原村【現・恵那市】の久木の対岸に所在。現在は矢作第一ダムの人造湖(奥矢作湖)に水没。
 集落付近では、水面に向かう道が見られたものの遺構等は確認できず。湖畔の竹藪は往時の名残か。
 
町誌によると、龍渕寺(臨済宗。寛永元年創建)や生駒(いこま)小学校・旭中学校生駒分校があったとのこと。寺院と学校(写真4)は、和戸地区の黒谷(くろだに)に移転している。小学校の沿革は以下のとおり。括弧は集落外での出来事。 

 明治6  龍渕寺を仮教場として「分渕義校」が開校

 ?

 牛地学校と改称
 明治14  (字本郷に校舎を新築)
 明治25  (生駒村の発足に伴い、生駒尋常小学校と改称)
 大正8  字前畑に移転新築
 昭和44  矢作ダム建設に伴い、字西久保に移転
 平成9  (閉校〔HEYANEKO氏調べ〕)


写真1 矢作第一ダム
(写真はすべて2014年)


写真2 集落付近

写真3 中切橋

(写真4 移転した学校。現在は支援施設に転用)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ