戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆日出雲(ひずも)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「萩原」(昭和30.3)を使用したものである

所在:郡上市明宝小川(おがわ)字日出雲
地形図:ニ間手/萩原 萩原/萩原
形態:川沿いに家屋が散らばる
標高:約750〜820m
訪問:2009年5月

 

 弓掛(ゆがけ)川の支流、日出雲川沿いにある。
 
最近の地図でもいくつかの建物と神社が見られるが、特に上流部でそのほとんどが取り壊されてしまっている。また途中でゲートが設けられている。
 
現地には空家が1軒、倒潰家屋が2軒、屋敷跡が数箇所(写真1〜4)、倉庫のような大型の建物、寺院跡の石碑(写真5)、古い神社(写真6)のほか、最奥部では数基の石碑と新しい建物を取り壊した跡が見られた(写真7)。石碑には、この地で林業を興した人物を讃える内容が刻まれている。
 
探索後にゲートで会った方の話では、離村が顕著になった時期は昭和40年代後期くらいではないかとのこと。最盛期は40軒ほどがあったが、離村直前で3軒が残っていた。山仕事や炭焼きが主な生業。名称は分からないが分校もあった(先述の石碑がある場所)(※)。林業の飯場が56年前まであった。その他関連施設が分校跡地にいくつかあったが、会社が倒産してしまったのですべて取り壊してしまったそう。現在は市の所有地となっている(おそらくゲートより先)。

※ HEYANEKO氏の調査によると、小川高等尋常高等小学校日出雲分校(大正8年開校・大正10年閉校)

 


写真1 家屋

写真2 倒潰家屋

写真3 屋敷跡

写真4 屋敷跡。植林が行われている 
 
写真5 浄福寺跡の碑
 
写真6 神社

写真7 何かの跡 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ