戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大曽根(おおそね)

所在:揖斐川町西横山(にしよこやま)字大曽根
地形図:美濃広瀬/横山
形態:川沿いに家屋が多数集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約170m?(水面は約190m)
訪問:2009年5月

 

 横山ダムの人造湖(奥いび(おく―)湖)に水没した集落。古い地図には地名の記載はないが、発電所の近くの建物のことか。
 
西横山発電所の建設(大正2年工事着工、4年に完成)の結果、字大曽根地内に発電所のほか10余戸の従業員社宅が建ち並び、小さな集落が出来上がった。昭和38年横山ダムの湛水で11世帯が水没。(村史)

 


写真 集落付近?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ