戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆二軒屋(にけんや



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「時又」(昭和32.3)を使用したものである

在:泰阜村川端(かわばた)
地形図:上町
/時又
形態:川沿いに家屋が少数集まる
標高:約470m
訪問:2013年11

 

 村の東部、万古(まんご)川右岸にある
 訪れていたかつて住民(71歳)の話によると、集落は本家・分家の2軒。それぞれ屋号は二軒屋・小瀬戸(こせど)。常住ではなくなったのが15、6年前だが、現在でも頻繁に行き来している。主な生業は炭焼き・養蚕・
蒟蒻栽培で、田も少なからずあった。集落の背後にある神社は「山神社」で、諏訪大社の分祀であるという。なお集落のすぐ下流にある二軒屋キャンプ場は、村の管理下に置かれ集落とは関連がない。
 現地には先述の2軒のほか、キャンプサイト付近に栗代の住民が寓居した簡素な家屋も残っている(写真3)。また集落手前には石塔や何かを祀ったような跡も見られる。

 


写真1 廃屋(分家)


写真2 神社

写真3 家屋

写真4 キャンプ場

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ