戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆下上籠(しもあげろう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:大町市八坂字上籠
地形図:日名/大町 
異表記・異読:上篭下(あげろうしも) (地形図)

 

 上籠沢の中流部にあたる。村誌付録の「八坂村全図」には中の沢・野田・大明神・産羅川といった地名が見られるが、これらの集落を総合したの便宜上の地名だろう。
 なお右岸の方上籠もこちらに含めた。

 

 

≪産羅川(うぶらがわ?)

地形図:日名/大町 
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約550〜600m
訪問:2006年11月

 

 県道469号線より大姥(おおうば)神社へ向かう林道(産羅川線)の途中にある。民家は2軒見られ、いずれも土壁に多少の崩壊があるが、建物自体はしっかりしている。「薬師堂」がある。
 北の大姥山には金太郎の伝説があり、山姥が金太郎を産んだとき産湯を使った池だという「金太郎の初産池(うぶいけ) 」がある。地名の由来か。

 


写真1 廃屋


写真2

 

≪方上籠(かたあげろう?)

地形図:日名/大町 
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約600m
訪問:2006年11月

 

 上籠沢の中流部の右岸にある。古い地形図には見られず村誌付録の地図にある地名。
 集落は北側を向き、低い所にあるので日当たりはあまり良くない。川には真新しいコンクリート製の小橋が架かり、いまだ人の行き来があることが分かる。
 大まかに東部と西部に分かれる。東部は3軒ほどの屋敷跡があり、全て倒潰したり朽ち果てていたりする(写真1)。竹藪の中に民家とは違う何かの敷地がある。「寄進」と彫られた石柱(写真3)と、3段くらいの石段、潰れた小さな屋根があったが、神社か寺院関連だろうか。古い地図にはいずれの記号もない。山側には墓地があり、お供え物をした形跡も見える。大日向姓。野田の墓地で見た姓と類似している。
 西側には手入れがよく施された民家が1軒。造りが新しく、最近まで人が住んでいたように見える。また東西の中間には消火栓があった。
 さらに離れた西にも民家があるが、道はつながっていない(上上籠の沢集落に所属か)。壁に「おびなた■■(名前)」という子供の落書きがあったが、「大日向」をこう読むのだろう。



写真1 屋敷跡


写真2 竹藪の中の遺構


写真3 石柱

 

≪大明神(だいみょうじん?)

地形図:日名/大町
形態:沢沿いに家屋が並ぶ?
標高:約520m
訪問:(2006年11月)・2012年6月

 

 上籠沢と産羅川方面の分岐付近。上上籠の沢集落との境界は分からず。村誌付録の「八坂村全図」で地名が記されている付近で、諏訪神社と公民館、1軒の廃屋を確認(写真1-3)。やや上流側に家屋がもう1軒建っている(写真4)。

 


写真1 諏訪神社


写真2 上篭下公民館


写真1 屋敷跡


写真1 屋敷跡


 

 

≪中の沢(なかのさわ?)

地形図:日名/大町 
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約600m
訪問:2006年11月

 

 上籠沢左岸にある。家屋は3軒見られ、1軒はほぼ全壊で荒れ果てている。別の1軒は平成になってからの移住のようでかなり新しい。母屋の横に敷地があるが、蔵があったのだろうか。もう1軒も比較的新しく、こちらには蔵がある。携帯電話の電波もよく入るが、無人になったのは平成10年代だろうか。
 伊東姓・竹村姓を確認。
 村誌によると、移転事業により7戸が舟場に移転(昭和55年)

 


写真1 廃屋にて。いろり


写真2 別の廃屋


写真3 廃屋にて

写真4 同

 

≪野田(のだ?)

地形図:日名/大町
形態:山中に少数の家屋が集まる?
標高:約700m
訪問:2006年11月

 

 中の沢集落よりさらに山道を登る。何かの敷地を1箇所確認したが、狭いため民家ではなさそう。家屋の場所は特定できなかった。墓地があり、大日方(おびなた?) の姓が見える。また北部の小さな山上には野田城跡がある。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ