戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆祖室(そむろ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:長野市信州新町日原西(ひはらにし)
地形図:日名/大町
アクセント:ムロ
形態:川沿いの斜面に家屋が少数集まる
標高:約580m
訪問:2010年5月

 

 町西南部。祖室渓谷(当信(たにしな)川)の左岸をやや登った場所にある。
 地元の方(橋木(はしぎ)在住?)の話では、かつては大沢(おおさわ)姓・飯島(いいじま)姓の2軒。前者は昭和の終わりくらいに上田市に転出。後者も5年くらい前にいったん大町市に転出したが、再び居住。のち住民が亡くなったため集落は無人になった。農業や炭焼きを行っていたという。
 現在もこの2軒の家屋が残っている。
 なお県道沿いには「祖室災害竣工記念碑」が建ち、昭和47年に大規模な崩落があったことやその復旧の経緯などが書かれている。ただし集落自体に被害はなかったよう。

 


写真 家屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ