戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小首(こくび)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:長野市信州新町日原西(ひはらにし)字小首
地形図:日名/大町
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約630m
訪問:2010年5月

 

 町中南部、柳久保(やなくぼ)川左岸の山中にある。
 地元の方(橋木(はしぎ)在住?)の話では、北沢(きたざわ)姓が1軒。同級生が住んでいたという。昭和40年代に日名(ひな)に家を建てて転出。また別の方の話では2軒で、先述の北沢家のほか?に新町に転出した家があるという。転出後も畑を耕しに通っていた。なおかつては日名でも小首に桑畑を持っている家があり、ここまで通っていたという。
 集落では植林地の中に屋敷跡を1箇所(物置小屋がある)(写真1)と、松林の中に数基の墓石を確認(写真2)。松林は傾斜が緩やかになっているが、農地が広がっていたのだろうか。

 


写真1 屋敷跡と物置小屋

写真2 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ