戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆六合(ろくごう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」を使用したものである

所在:小谷村中土(なかつち)字六合
地形図:雨中/白馬岳
形態:山中に家屋が集まる
標高:約750m(日道集落は約600m)
訪問:2008年5月

 

 土谷(つちや)川・日道(ひどう)沢に挟まれた山中にあり、日道集落の裏にある。古い地図では3軒の建物が見られる。日道より細い道がつながっているが、現在では奉納(ぶのう)集落の手前より車道が延びている。
 現地には古くなった神社(写真1)と作業小屋、墓地(鷲澤(沢)姓)が残されていた。倒潰した家屋もいくつか見られる。用途は分からないのだが、巨大な土管(コンクリート製)を地面に突き刺したような設備(写真2)が数基ある。水を溜めるものだろうか? うちひとつに、かつての住民が彫ったと思われるメッセージが残っていた(写真5)。「製作者/喜美次(※) /数雄/昭和参拾壱年/七月二十八日/堂々完成ス/初戀の味サイレージ/六合製食KK(以下、苔により読めず)」(/は改行)などと書かれている。なおサイレージとは、家畜用の飼料の一種。集落より上手まで農地が広がっていたようだ。
 全戸転出後、一時都会からきた人々が集団で生活したことがあった。

※ 「喜」は異体字。七が3つ。

 


写真1 神社(「神明神社」とある)


写真2 土管


写真3 倒潰家屋の屋根

写真4 屋敷跡

写真5

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ