戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆葛草連 (くんぞうれ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「小瀧」(昭和30.7)を使用したものである

在:小谷村中土(なかつち)字葛草連
地形図:雨飾山/小滝
異読:くんぞうれん
アクセント:クンゾーレ
形態:山の斜面に家屋が集まる
離村の背景:集落移転事業
標高:約850m〜900m
訪問:2008年5月

 

 中谷(なかや)川の右岸の斜面、小谷温泉の南西部にある。
 地元の民宿の方の話では、かつての家は10軒。杉原姓・小林姓・室谷姓(文献でもそれぞれ5軒・3軒・2軒で10軒)。役場が移転に際し援助金を出し、昭和40年くらいにほぼ一斉に無人になったそう。
 訪問時は斜面からの融雪により車道からは進めず、中谷川より斜面を登っていった。地図でも破線で描かれている道があるが、ほとんど残っていない。集落跡には、人家?の屋根が残っていた(写真1)。また斜面に作った農地跡がそれとなく分かる。屋根のある敷地の裏手はなだらかな斜面になっており、祠のようなもの(写真2)、何かの入口の石柱?(写真3)が雪に埋もれていた。石柱には「安政」や「施主」といった文字が見られる。
 昔の小谷温泉への道は、大草連(おおぞうれ)集落から葛草連の集落の中を通っていた。なお大草連は現住。こちらも中谷川の右岸の斜面にある。
 
地名の「ソウレ」は、耕地のことか

 


写真1 赤い屋根


写真2 祠?


写真 2本の石柱

写真4 向かいの山々を望む

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ