戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆末広(すえひろ



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「高遠」(昭和33.12)を使用したものである

在:箕輪町東箕輪(ひがし―)
地形図:辰野
/高遠
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設(非水没地)
標高:約880m(水面は約850m)
訪問:2013年11

 

 大字南箕輪の中部北寄り、沢川(天竜(てんりゅう)川支流)沿いにある。箕輪ダムの建設に伴い離村したが、水没は免れているよう。
 集落の下流側には新田神社および蚕玉神社があり、後者の境内には「御嶽大權現」「第六天」といった碑も置かれている。またにこれらの神社の下の車道沿いには阿弥陀堂のほか
庚申塚・甲子塚・供養塔・道祖神などの石塔・石仏が置かれている。上流側は末広広場になっており、湖畔一帯でも特にモミジの株数が多い。訪問時は紅葉の最盛期で、左岸には臨時の露店も設けられていた。ほか戸田神社(写真11)も見られる。戸田神社では「御嶽神社三十三度大願成就」と彫られた碑と「三十三夜塔」がある(写真9・10とは異なる)。

 


写真1 新田神社


写真2 蚕玉神社・鳥居

写真3 蚕玉神社・社殿

写真4 薬師堂と石仏・石碑

写真5 廃屋

写真6 屋敷跡

写真7 石垣

写真8 屋敷跡

写真9 二十三夜塔

写真10 碑。「御嶽神社三十三度大願成就」とある

写真11 戸田神社(写真中央)(以下左岸)

写真12 農地跡?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ