戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆曲尾(まがりお)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:大町市美麻
地形図:日名/大町
形態:川沿いの道に家屋が集まる
標高:約700m(旧美麻村役場は約880m)
訪問:2006年11月

 

 高地地区の中部、当信(たにしな)川の左岸にある。高地の中心集落で、学校(美麻南小学校高地分校)もあった。古い地図では、沢の合流部付近に家屋が密集しているのが分かる。
 現地には家屋が2軒と蔵が残り、2010年訪問時に学校跡地(写真3)を確認。また集落内には記念碑「ふるさとを偲ぶ」(平成11年10月7日建立)がある(写真5)(
高地のページ参照)。碑には「古さと高地の灯を消して既に二十五年…」とあるので、高地地区が完全に無人化したのは昭和50年頃か。
 碑より羽田姓7・下條姓2の9戸。
 以下は村誌(編纂委員会刊)より分校の沿革(要約)

 明治6  保屋の黒岩氏の居宅を借りて授業を開始(高地学校)。竹ノ川に分教場を置く
 明治10  校舎を新築
 大正11  美麻第一小学校高地分校となる
 大正14  美麻南尋常高等小学校高地分校となる
 昭和16  美麻国民学校高地分校となる
 昭和44.3  廃校

 


写真1 家屋


写真2 家屋

写真3 学校跡

写真4 墓地

写真5 碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ