戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆傘(からかさ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」(昭和23.7)を使用したものである

所在:長野市鬼無里字傘
地形図:塩島/白馬岳
アクセント:カラカサ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約1,000m
訪問:2008年5月

 

 裾花(すそはな)川に囲まれた山中にある。東京(ひがしきょう)集落より保寺(ほてら)沢に沿って道なりに進んだ場所。
 傘・
高須辺 をひととおり見たあと、家屋にかつての住民が訪れていたので話を伺うことができた。この方が住んでいたころは民家は3軒、降籏(ふりはた)姓(表札では「籏」の下部が「方」+「其」)。集落内にも田畑があるが、この奥にある高須辺にも田を持っていた。電気が通ったのは昭和20年代後半。この方の家が最後の住民で、昭和40年くらいに転出。ただし、この方のお父さんが夏期のみ暮らしていたそう。
 集落ではこの方の家(写真1)が1軒、向かいに蔵や廃車などが残る屋敷跡が1箇所(写真2)、裏手の山中に朽ちた建材が残る屋敷跡が1箇所(写真3)。大正3年に3世帯数13人。

 


写真1 人家


写真2 蔵と廃車


写真3 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ