戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆入山(いりやま)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「信濃池田」(昭和21.12)を使用したものである

所在:生坂村
地形図:明科/信濃池田
アクセント:イリヤマ
訪問:2010年5月

 

 村の東部山中にある。
 偶然訪れていたかつての住民(後述のこやんた出身・昭和25年生)の話では、下流より清水平(しみずだいら)・こやんた・入屋敷(いりやしき)・奈良尾(ならお/ナロー)の小集落よりなる。夏は養蚕、冬は炭焼きをして暮らしていた。集落付近には昭和20年代後期くらいまで石炭の鉱山があり、鉱山関連の仕事に就く人も少数いたという。

 


≪清水平≫

アクセント:シミズダイラ
形態:川沿いに家屋が集まる?
標高:約500m?


 入山地区では最も入口に近い集落。
 昭和30年ころには3軒が暮らしていたそう。
 詳しい場所を伺わなかったので集落の場所は推測だが、林道を入ってすぐの谷の分岐付近(地図のスキャン画像の右上)か。
 廃屋が1軒、竹藪に覆われた屋敷跡が1箇所見られた。

 


写真1 廃屋


≪こやんた≫

異表記:小谷田
アクセント:コヤンタ
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約650m


 入山地区西部の稜線近くにある。現在の車道の終点。集落背後の山中には、村の文化財であるツガの木がある(写真3)。
 家は本家と分家の2軒。最近まで入山地区最後の1軒が暮らしていた。現在でも転出先と現地を行ったり来たりして暮らしている。

 


写真2 家屋


写真3 ツガの木

写真4 墓地

 

≪入屋敷≫

アクセント:イリヤシキ
形態:山中に家屋が集まる?
標高:約600m?


 入山地区中部の集落。
 昭和30年ころには3、4軒が暮らしていたそう。
 詳しい場所を伺わなかったので集落の場所は推測だが、林道から奈良尾までの間にある家屋群か。この場所には蔵の残る屋敷跡が見られる。

 


写真5 屋敷跡

 

≪奈良尾≫

アクセント:ナラオ
異表記:名郎(案内板)
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約670m


 入山地区最奥の集落。地図のスキャン画像で神社・学校・墓地のある付近。
 昭和30年ころには2軒が暮らしていたそう。
 学校(生坂中央小学校入山分校)の校舎は半壊しながらも残っている(写真6)。校舎前には「旧生坂入山分教場跡」の案内板(平成9年・村教育委員会設置)がある。以下はその全文。

 明治十九年、丸山、井口■■氏宅に支校開設。同四十二年、井口▲▲氏宅に移り山裏分教場となり、同四十四年、入山名郎の地に新築移転入山分教場となる。井口●●先生は同四十二年より昭和二十五年まで四十一年間親子を教えた。同窓会では昭和二十二年、徳碑を天王様へ建立した。昭和四十年、生坂北小学校に統合廃校となる。

 屋敷跡は学校を過ぎ、少し南側に行った場所にある。おそらく2軒は近い場所で隣接。墓地(写真11)はこの南の尾根上にある。付近にはベンチがあり、丸山方面の山々を望む。

 

 
写真6 校舎

写真7 宿直室?

写真8 2階窓際

写真9 「べんきょうえほん」

写真10 屋敷跡

写真11 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ