戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大牧(おおまき



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「時又」(昭和32.3)を使用したものである

在:飯田市千代(ちよ)
地形図:上町
/時又
アクセント:オーマキ
形態:山中の一軒家?(非居住地?)
標高:約1,120m
訪問:2013年11

 

 大字千代の中部、万古(まんご)川上流の右岸側山中にある
 古い地形図では米(よね)川支流沿いの山口(やまぐち)集落付近より道が通じているが、距離を勘案し万古川の支流の谷からの訪問を試みた(地名表記より南西に約780m、谷と車道の交叉点)。谷はあまり荒れておらず、たまに人が通っている形跡もある。現地に至る直前には前述のものとは別の道筋があり、石仏も置かれていた(写真1)。
 地名表記付近は小さな鞍部で傾斜も緩やか。建物跡と思われる場所には平坦地があるのみで、遺構等もなく全体的に痕跡に乏しい。現地の雰囲気から、恒常的に人が暮らしていた場所ではないと思われる。
 なおここから西に向かって状態の良い道が通じているが、山口から通じる本来の山道と思われる。これは現地を経由したのち土嵐まで通じているが、この先は道の状態が悪い。

 


写真1 道と石仏


写真2 地名表記付近にて

写真3 同。穴

写真4 同

写真5 同

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ