戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆白牧(はくまき)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「松本」(昭和37.8)を使用したものである

:安曇野市明科光(ひかる)字白牧
地形図:豊科/松本
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:移転事業
標高:約800m
訪問:2010年5月

 

 町の南部、光城(ひかるじょう)山の北にある。明科町・豊科町【現・安曇野市】・四賀村【現・松本市】の境界線に近い。殊に四賀村の子ノ神には近い距離で隣り合っているが、互いに密接な関係があったのだろうか。
 町史によると、昭和45年に町の協力で麓の北村地区に集団移転したという。明科での集団移転は白牧のみ。
 林道と子ノ神方面に向かう道との丁字路付近が集落跡。林道脇は大きな広場になっているが、町史でも触れられている公民館が建っていたのだろうか。広場の小さな森の中には墓地(写真1)があり、かつてはここに集落があったことを窺わせる。ほか、子ノ神方面に少し行くと左手に廃屋が1軒(写真2)。

 


写真1 墓地

写真2 廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ