戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆折門(おりかど)
(上折門・下折門)




※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「甲府」(昭和21.10)を使用したものである

在:身延町折門(おりかど)字上折門・下折門
地形図:市川大門/甲府
アクセント:オリカ
形態:山中に家屋が集まる
標高:上・約900〜950m 下・800m前後
訪問:2010年3月

 

 町北部、沢(さわ)上流部にある。
 「折門」は大字の名前にもなっているが、同じ折門所属の御弟子や沢(さわ)は尾根を越え反木(そりき)川水系となる。
 上折門には今も多くの廃屋が残り、離村が比較的最近だったことを窺わせる。集落の入口付近(御弟子側)には、石仏(写真5)と墓地がある。いっぽう下折門は数箇所の屋敷跡が確認できるが、廃屋は1軒のみ。上折門よりも離村時期が早い家が多かったのだろう。
 地元の方(八坂(はっさか)在住)や御弟子出身の方の話では、かつては上・下合わせて10軒強。製炭・蒟蒻芋の栽培を主な生業とする傍ら、自給用の作物も栽培。昭和40年代後期まで暮らしていた1軒が最後の住民。昭和3、40年代?くらいから、短い期間に一斉に転出していったそう。転出先はばらばら。

 

≪上折門≫


写真1 廃屋


写真2 廃屋


写真3 廃屋


写真4 廃屋にて


写真5 石仏群

≪下折門≫


写真6 廃屋


写真7 屋敷跡


写真8 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ