戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆音下(おとした)


※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「南部」(昭和22.5)を使用したものである


所在:南部町成島(なるしま)
地形図:南部/南部
形態:川沿いの一軒家
標高:約540m
訪問:2010年3月

 

 戸栗(とぐり)川の支流、西俣(にしまた)川沿いにある。
 地元の方(成島の釜の口(かまのくち)在住)の話では、かつては1軒(渡辺(わたなべ)姓)。元々は釜の口に住んでいたが、明治後期から大正初期の間に音下に移住。終戦後すぐ、再び釜の口に降りてきた。現在、砂防ダムに堰き止められた土石により、屋敷跡は埋没しているのではないかという。炭焼きが主な生業で、小規模ながら耕作も行っていた。別の方の話では、釜の口に移住後も「音下」の屋号を名乗っているそう。
 現地では農地の跡を確認できたが、やはり屋敷跡の特定はできなかった。

 


写真 農地跡の石垣

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ