戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆箕輪(みのわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「經ヶ嶽」(昭和24.1)を使用したものである

所在:勝山市大矢谷(おおやだに)
地形図:越前勝山/越前勝山
形態:緩やかな斜面に家屋が集まる
離村の背景:軍演習地の用地化、のち過疎化
標高:約500m〜
訪問:―

 

 大字大矢谷の東部にある。
 以下は市史より。

もと大矢谷の枝村。4戸ほどが暮らしていたが、六呂師ヶ原が陸軍の演習場となったため、この障害となり離村した
集落跡は昭和20年の緊急開拓により、池ヶ原とともに「池ヶ原開拓地」として開拓が始まった。開拓後の生活の様子は池ヶ原のページを参照
昭和62年当時1戸が在住。同61年には温泉が湧出

 現在は六呂師(ろくろし)温泉やそれに伴う施設等があり、奥越(おくえつ)高原の観光スポットとなっているよう。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ