戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆倉谷(くらたに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鶴來」(昭和34.10)を使用したものである

所在:金沢市倉谷町(くらたにまち)
地形図:西赤尾/下梨
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設(間接)
標高:約350m
訪問:2011年8月

 

 市の南部にある。倉谷川(犀川上流部)の左岸。
 犀川ダムの管理施設より徒歩で訪問。道は落石などで荒れているが、登山や山林管理のために人の往来は時おりあるよう。二又を経由し倉谷川に沿って進むと、やがて昔の橋の跡が見えてくる(写真1)。現在は少し高い位置に新しい橋が架かっている(写真2)。
 集落では数箇所の屋敷跡を確認。平地はほとんどなく、家屋は川沿いの道に近い場所に並んでいたと思われる。住民の一人であった尾崎市太郎氏の碑(写真8)が屋敷跡?に置かれてあり
、集落との別れを惜しむ文書が刻まれている。川沿いの低地にはコンクリート製の何かの建造物があったが、用途は不明(写真10)。
 「角川」によると、昭和41年犀川ダムが完成し、二又が水没した影響で廃村となったという。また
「倉谷町」は近世の石川郡倉谷村。明治22年犀川村の大字となり、昭和29年金沢市の町名となる。明治22年21戸167人。


写真1 かつての橋の跡

写真2 現在の橋

写真3 集落跡の標柱

写真4 何かの遺構。現在は物入れに利用

写真5 神社跡? 石段もある

写真6 石垣

写真7 水瓶

写真8 碑

写真9 水場?

写真10 何かの遺構

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ