戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆二又(ふたまた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鶴來」(昭和34.10)を使用したものである

所在:金沢市二又新町(ふたまたしんまち)
地形図:湯涌/下梨 西赤尾/下梨
形態:川の合流部に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約320m(水面は約330m)
訪問:2011年8月

 

 市の南部にある。犀川ダムの建設により水没した集落。
 ダム管理施設より徒歩で訪問。湖岸沿いの道は幅もあり、かつては車輛も通っていたと思われる。現在は土砂崩れなどによりかなり荒れている。道中には後川作太郎氏(犀川村会議員。明治15年生)の碑があり、その功績を讃えている(写真1)。
 
訪問時はやや水位が低かったため、湖面に降りると一部の遺構や墓地と思われる場所を確認することができた。なお集落には犀川小学校二又分校があったが、昭和39年離村に伴い閉校(HEYANEKO氏調べ)。
 「角川」によると、主に薪炭業で生活していた集落とのこと。また犀川ダムは昭和41年完成。
「二又新町」は近世の石川郡二又村。明治22年犀川村の大字二又となり、昭和29年金沢市二又新町となる。明治22年38戸295人

 


写真1 碑。建立は昭和6年

写真2 集落付近

写真3 遺構

写真4 墓地


写真5 水際にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ