戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小谷(こだに/コダン)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「八尾」(昭和32.10)を使用したものである

所在:富山市八尾町小谷
地形図:山田温泉/八尾
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設(水没は1戸)
標高:約310m(ただしサカグチは約220m。水面は約250m)
訪問:2011年6月

 

 町の西部、室牧(むろまき)川左岸山中にある。室牧ダムの建設により離村。
 集落跡は対岸より容易に確認できるが(写真2)、現在はダム湖により交通が遮断。往時は土玉生より川を渡って集落へ至ることができた。古い地図では
足谷(あしだに)より2本の道でつながっているが、困難が予想されたため未訪問。集落跡は植林地であるため、どこからか山道はつながっているのだろう。
 『仁歩郷土誌』によると、無人化は昭和36年。かつて18戸があり、川沿いの北坂家(屋号サカグチ)のほかは標高300mほどの高所に集まっていた。その地形から田は少なく、山の斜面で焼畑を行いそばや粟・小豆・大豆などを作っていた。またススキ取りも盛んに行われ、質が良く貴重な収入源になったという。水没地域ではなかったが、不便な立地のため立ち退きの対象となった。集落跡には解村記念碑があるという。以下は集落にあった家。

  屋号 備考
1 サカグチ 北坂 川沿いの低地。水没
2 ヤマカ 山中  
3 ニシ 山本  
4 アジチ 山上  
5 ヤーマ 山崎  
6 アラインベ 小林  
7 ターカ 北坂  
8 オキタ 山口  
9 ナカダ 山中  
10 キタヤマ 山口  
11 キタジマ 坂上  
12 ヤマギシ 山上  
13 キタイガチ 山本  
14 カチバ 山口  
15 ウラ 坂上  
16 ハバ 北林  
17 マタバ 村林  
18 オヤ 坂上  

 なお大字小谷は近世の婦負郡楡原(にれはら)郷の小谷村。明治22年仁歩村(のち八尾町)の大字となる。慶応4年10戸64人、昭和5年17戸115人(角川)。

 


写真1 室牧ダム

写真2 集落付近(写真中央の平坦地)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ