戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆越後谷(えちごだに/イチゴダン)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白木峰」(昭和28.12)を使用したものである

所在:富山市八尾町越後谷
地形図:利賀/白木峰
形態:山中に家屋が集まる
標高:約480m
訪問:2011年6月

 

 町の南西部、大長谷(おおながたに)川右岸の山中にある
 現在も緩く開けた谷に沿って、草に埋もれた農地跡がそれとなく分かる。見つかった屋敷跡は2箇所ほどで、うち1箇所は『村の記憶』にある「主なき跡の垣の木と銀杏」の場所と思われる(写真1)。イチョウはスギに囲まれながら立っている。この裏手には墓がある(写真3)。
 『村の〜』によると、無人化は昭和48年11月(「角川」では昭和50年)。中尾・越知・市山・中地・山崎の5軒。転出先は富山市3・婦中町【現・富山市】・町内各1。養蚕・和紙作り・林業・炭焼き・出稼ぎなどで生活していた。
 大字
越後谷は近世の婦負郡楡原(にれはら)郷の越後谷村。明治22年大長谷村(のち八尾町)の大字となる。慶応4年5戸29人。昭和5年5戸38人(角川)。

 


写真1 屋敷跡(左手前が柿の木のよう)

写真2 屋敷跡の遺構

写真3 墓

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ