戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆脇谷(わきだに/ワキダン)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「八尾」(昭和32.10)を使用したものである

所在:南砺市利賀村栗当(くりとう)
地形図:山田温泉/八尾
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約450m
訪問:2011年6月

 

 町の北部、利賀川右岸山中にある。最近の地図では「栗当」と記載されているが、栗当の本集落は脇谷から6〜700mほど西にある。集落にある「脇谷のトチノキ」は国指定の天然記念物。
 現在残る家屋は、国道沿いに2軒。1軒は旧住民が暮らしていた家屋でトチの木のそばにあるが、もう1軒は別荘。

 「角川」によると、大字栗当では明治初期より昭和まで農林業の自営を続け、蚕糸・和紙・穀類を生産していたという。
 『村の記憶』によると、大字栗当の無人化は昭和54年。「住居地図」を見る限り、脇谷に該当する家は5軒。各戸の状況は、栗当のページ参照(栗当・脇谷の区別なし)。
 また大字栗当内には利賀小学校高沼(たかぬま)分校の栗当冬季分校(昭和42年閉校)が
ある(HEYANEKO氏調べ)が、所属していた集落は不明。立地のしやすさから考え脇谷にあったと思われる。

 


写真1 トチの木

写真2 家屋

写真3 何かの跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ