戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆菅沼(すがぬま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白木峰」(昭和28.12)を使用したものである

所在:富山市利賀村百瀬川(ももせがわ)
地形図:利賀/白木峰
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約580m(水面は約580m)
訪問:2011年6月

 

 町の東部、百瀬川(山田川上流部の呼称)の左岸にある
 堰き止められたダム湖は西側に膨れたような形をしているが、この湖岸すれすれに集落があった(完全に水没したのは1軒)。現在は面影すらないが、湖が途切れ川になる付近の平地に「菅沼部落跡」の碑や石仏がある(写真3・4)。出身者の話では、かつては4軒。うち2軒では牛を飼い、労働力や糞を肥料として使っていたという。田や炭焼き・出稼ぎで暮らしていた。
 『村の記憶』によると、無人化は昭和33年。4軒は上流より沼田(またさ)・成瀬(いえ)・成瀬(たか)・竹田(した)(括弧内は屋号)。

 


写真1 菅沼ダム

写真2 ダム湖

写真3 碑

写真4 石仏

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ