戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆障子倉(しょうじくら)

所在:南砺市障子倉
地形図:下梨/下梨
形態:川沿いの斜面に家屋が少数集まる
標高:約250m
訪問:2011年6月

 

 村の北部、庄(しょう)川左岸にある
 村史によると、村社は神明社。昭和17年夏焼(なつやけ)の神明社に合祀。各戸の状況は以下のとおり。

番号  屋号 移転時期 移転先 人数
1 かいち 野原 明治41.3 北海道羽幌町(当時羽幌村) 7人
2 みずかみ(水口) 上野 明治41.4 同士別市(当時士別村) 8人
3 おにしや 岡部 明治37.7 北海道(※) 2人
※ 本文では「木〓(木へんに曽)郡字北俣番外地」とあるが、該当する場所は不明

 離村後は祖山(そやま)の人が土地を譲り受け、籠の渡しで通い耕作をしていたという。明治44年転落事故があり、翌年吊り橋が架設されることとなった。
 現在は国道西側に倉庫やプレハブ、東側に駐車スペースと憩いの場があるのみ。前者は屋敷跡だろうか。
 「角川」に「明治中期になって産物が振るわなくなり離村。集落跡は倉庫・工事用材置き場・プラントに使われている」とある。なお大字障子倉は、近世の礪波郡五箇山(ごかやま)小谷(おたに)の障子倉村。明治22年平村の大字となる。明治5年2戸11人。

 


写真 倉庫など(奥)と憩いの場(手前)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ