戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆若杉(わかすぎ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「下梨」(昭和32.8)を使用したものである

所在:南砺市大鋸屋(おおがや)
地形図:下梨/下梨
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約430m
訪問:2011年6月

 

 町の南部、打尾川上流部左岸にある
 集落付近までは林道が延びているが、地質が脆いのか大雨があったのか、訪問時は浸蝕が激しく車輛の通行はできなかった。
 集落内には小屋が2棟ほど建っている。このうちコンクリートブロックで作られた小屋(写真1)は『村の記憶』にも写真が掲載されており、屋敷跡に建てたもの。時おり滞在があるとのことだが、近年は不明。
 集落上部を通る高清水林道には「若杉集落跡」の碑がある(写真7)。また同じ道路沿いには神社(神明宮)の位置を示す石柱があり、尾根伝いに山林内を下ると神社跡が見られた(写真8)。
 『城端町の歴史と文化』によると、昭和41年無人化(※)。明治末期、最盛期に30戸の家があった。上田と同様城端と五箇山を結ぶ交通の要所で、物資の中継点としての役割を果たしていたという。街道は唐木(からき)峠・朴(ほお・ほう)峠を越え平村【現・南砺市】へ入るものだが、現在は五箇山トンネルをが開通し往復もたやすい。

※ 「角川」には「昭和42年4月城端小学校若杉分校廃校と同時に、5戸の住民は旧大鋸屋小学校校舎へ集団移住した」とある

 


写真1 小屋

写真2 小屋

写真3 石垣

写真4 瓦

写真5 農耕用車輛?

写真6 遺構

写真7 碑

写真8 神社跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ